まず事業計画書を立てよう!!資金計画も大事!!


事業計画書を作成してみる

事業を行っているときに融資を受ける時があります。その時に金融機関に提出しないといけないものとして事業計画書があります。金融機関からすれば貸したお金を返す計画がどうなっているかを知る必要があり、計画に現実性があるかのチェックもしなくてはいけません。事業計画書作成は融資を受けるとき以外に、これから起業をするときにも作成するのが良いとされています。起業時の事業計画書は必ずしも必要ありません。しかし事業計画書がないと事業が行き当たりばったりになる可能性があります。上手くいくときもあればうまくいかないときもあり、いろいろなケースを想定した運営をしていく必要があります。事業計画書を作成すれば、改めてそのビジネスの本質が分かるようになるでしょう。

起業をする上での資金の準備をする

生活をする上でお金が必要で、通常は会社等で働いて得ます。必要な分だけ使って余ったら貯蓄をするなど堅実な人もいるかもしれません。では起業をするときにお金は必要かですが、それなりに必要になると言えるでしょう。商品を仕入れて販売するビジネスなら仕入れ代金などが必要になります。製品を作るなら作るための機械などが必要になるかもしれません。自分自身や従業員の給料も払わなくてはいけません。資金の用意の方法として、まずは自分の貯蓄などがあります。その他親族や一緒に起業するメンバーから集めたりもします。さらにあるのは公的な融資や金融機関からの融資です。これまで事業の実績がないとしても、事業計画書などを提出すれば融資が受けられます。

フランチャイズとは、加盟店が本部からその商品やサービス、ノウハウなどを得て、加盟店側から本部へはそれらに対するロイヤリティを渡す契約のことです。