費用を節約!セルフヘアカットを成功させる秘訣は?


まずは頭の中でイメージ

セルフカットは、ただ闇雲にカットするだけでは失敗する可能性が高まります。前髪はどのくらいの長さにするか、サイドや後頭部についても仕上がりをイメージする必要があります。バリカンで刈るにしても、範囲を定めて慎重に進めないといびつな状態になる可能性が高いです。セルフカットに関する動画や雑誌の情報を参考にしつつ、理想と現実を埋め合わせてカット後のイメージを作り上げます。

大胆なカットは失敗に繋がる

セルフカットの失敗は、切り過ぎてしまって一部がおかしくなることだと言えます。周囲の髪よりも明らかに短い部分があると目立ちますし、当然スタイリングもスムーズにできません。短く切り過ぎた部分に合わせるようだと、頭の中にあった理想像は崩壊します。切り過ぎてしまった部分は元通りになるまで何週間もかかるので、最初から慎重にカットする必要があります。少しずつカットすると時間を要するので大変ではありますが、それだけ安全にカットできます。

特殊な髪型はなるべく挑戦しない

セルフカットは、あくまでも長く伸びた髪の毛を短くするという意味合いで実行するのが正しいと言えます。もちろんセルフカットに慣れている人は特殊な髪型に挑戦するのも悪くはないですが、お金を節約したい一心で無理矢理挑戦するようであれば危険です。特殊な髪型は美容師が時間をかけてやっと完成するものですし、素人が簡単にできるものではありません。それに、万が一失敗した場合は外に出るのが恥ずかしいと感じるような髪型になってしまいます。

ヘアカットの1000円は他の店よりも安くて手軽にでき、第一印象を改善して身だしなみを整えることを目的にすると効果的です。