倉庫で働く時に必要な資格や道具はどんなものがある?!


リフトの資格があるといい

倉庫ではフォークリフトが欠かせない倉庫と言うと重たい荷物を積み込んだり、運んだりするフォークリフト作業が欠かせません。ブロック状に積まれた商品が載ったパレットを、高い場所に上げたり下ろしたりする時もフォークリフトが必要です。リフトの資格は4日ほどの研修を受ければ取得可能なので、倉庫で働きたいと考えている方は、フォークリフトの資格講習を受けておくといいでしょう。リフトの資格を持っていることでリフト手当が付く倉庫会社もありますし、一度取ってしまえば更新なども要らず一生使うことができます。

腰袋に道具を入れると便利

倉庫の仕事といっても入荷検品、出庫、最終検査などいろいろあります。部署によっても作業に使う道具が違いますが、どの部署でも必要なのが道具を入れるための腰袋です。腰袋にはカッターナイフやスクレーパー、軍手や筆記用具などの道具を入れておくことができます。倉庫会社で支給してもらえる場合もありますが、サイズが合わなかったり使い勝手が悪かったりして、自費で腰袋を購入する人も多くいます。

機械を使う時の注意点

倉庫内では業務上、機械操作を必要とする場合が あります。機械の使用時における怪我や事故などは絶対に起こさないように注意しなければなりません。商品やダンボールをまとめるための結束機が熱処理によって圧着させるタイプであれば、火事が起きないよう取り扱いを守りましょう。床掃除用のポリッシャーなどを使用する場合でも、慣れているから大丈夫と油断してはいけません。こうした機械の操作は安全を第一に考え、作業者に対してしっかり教育を進めるべきでしょう。

3PL(サード・パーティー・ロジスティクス)とは、企業が戦略として物流機能を第3の企業に委託する、物流形態のことを言います。