社員研修って必要?研修の必要性と実施方法


社員研修って何の為にするの?

社員研修とは組織の基盤づくりや社員のスキルアップを図り、会社の質を高めて成長していく為に行います。

会社によっては社員研修を当然のように行っているところと、あまり意欲的に取り入れていないところがあります。大企業に関してはほとんどのところが社員研修を実施しており、入社間もない新人の研修から中堅社員の研修なども行っています。これにより社員が全員平均的なスキルが身に付き、仕事にも意欲的に取り組むこともできるようになります。中小企業では研修に力を入れている会社もあれば、入れていない会社もあり、その差は大きいと考えられます。

社員研修をするメリットは何がある?

教育や育成で研修以外の方法というとOJTが主流になりますが、OJTはなかなか時間がとれなかったり、とれても詳しい説明ができず、教えてもらっている方は結果的に理解までできずに終わってしまうこともあります。そんなOJTだけでは伝えきれない部分を社員研修で補うことができます。

社員研修は一度で大勢の方に教えることができることもメリットの一つです。OJTでは先輩や上司が1対1や1対2などで育成をしていきますが、研修として行えば一回で複数の社員に同じレベルのスキルを教えることができるので効率も良くなります。

社内研修と社外研修の違いは?

社外研修はその道のプロである外部の講師から質の高い研修を受ける事であり、受講した方は会社へ持ち帰り実践していくことが求められます。ただし費用がかかるため何人も受けられるというものではありません。

対して社内研修は社内の人材開発部や教育推進部といわれるような部署の方が社内の方に対してスキルアップを目的に行う研修です。研修をするために相当な時間と労力を使い準備をしてきています。

管理職研修は外部企業の講師に依頼しましょう。身内同士での企業体質維持的な進歩のない研修はやめて、企業の発展に導けるような研修を行うことが大切です。