危険を伴う発電所はもう古い…太陽光発電は汚染しない


地球に優しい太陽光発電システム

花や草や木が、私たちの心に安らぎを与えてくれることは誰もが知っています。地球は人間のためだけにあるものではないということも私たちは分かっています。自然破壊が進み、環境が汚染された時に初めてその深刻さに気づくものです。発電時にCO2を発生させない太陽光発電は、私たちにとってだけでなく、地球上の生き物に対してもメリットをもたらすものです。地球温暖化の解決策として、太陽光発電は今大いに期待されています。

従来の発電システムと比べる

原子力発電所も当時は、これ以上ない素晴らしいシステムであると評価されてきました。しかし原子炉の故障による放射能の汚染事故が相次ぎ、反原子力運動が盛んになりました。科学の力は確かに偉大ですがそのリスクもまた大きく、最悪の事故が起きれば人類は破滅の道を歩むことにもなりかねません。太陽光発電は、太陽の光だけで電力を作り出すことができるので、地球を汚染することはまずありません。生活で使用する電力を太陽光発電で賄えれば、CO2も大幅に削減して地球に優しい「低炭素社会」を目指すことができます。

太陽の光が届かない時

太陽光発電の弱点は、日中でも太陽の光が遮られてしまうことがあるところです。日によって天気は変わりますし、午前と午後でも日照量の違いが生じます。雨の日は全く太陽の光は届かないので、太陽光パネルの出番はありません。それなら電気を貯められないか…という発想で太陽光発電専用の蓄電池も開発されました。太陽光発電では、蓄電池もセットにして使用することで、効果を倍増させて使うこともできるのです。

2018年9月、経済産業省は事業所及び、各家庭からの太陽光発電の価格を引き下げることを発表しました。これは新規分が対象の引き下げです。