どんな効果が期待できる?防犯フィルムの特徴と選び方


防犯フィルムがもたらす役割

時代の移り変わりの中で、自宅を空き巣などの被害から守る防犯対策を自分で行う人も増えています。一口に防犯対策と言っても様々な選択肢がありますが、手間を掛けずに効果が期待できることで人気となっているのが防犯フィルムです。防犯フィルムとは文字通り窓に貼るフィルムのことで、外部からの衝撃でガラスが割れにくくなる効果が期待できます。一見すると見た目に変化はなさそうにも感じられますが、フィルムによって通常より5分近く侵入を遅らせることも可能です。1分1秒でも時間が惜しい空き巣にとって5分の遅れは致命的で、これにより大半の泥棒は諦めると言われています。

購入する時に見極めるポイント

一口に防犯フィルムと言っても色々なメーカーから販売されていて、それぞれ特徴が異なります。購入をする上で重要なポイントとなるのが破れにくさです。前述したように防犯フィルムは空き巣が簡単に侵入できないようにするために行う対策なので、フィルムが簡単に破れてしまうようでは意味がありません。警視庁などの指定の機関に性能が認められている正規の商品を選ぶことが大切です。

ガラスの飛散を防ぐ性能

防犯フィルムは、空き巣の侵入を防ぐ以外にも重要な役割を持っています。その一つが災害対策です。台風などの強風で飛んできたものが窓ガラスに当たった時に防犯フィルムを張っておくことでガラスの飛散を最小限に抑えることができます。ただし、機能性に難がある値段の安いフィルムでは期待できる効果が得らないことも珍しくありません。フィルムは金額ではなく防犯性能で選ぶことが基本になります。

防犯フィルムはガラスが割れにくくする事により、空き巣の侵入を防止しますが、ガラスの飛散をできる為、養生テープの代替品として活用できます。台風の際に貼っておくと被害を軽減できます。